2018年 7月 23日 (月)

楽ちん道路調査で1億円 「無駄な調査」を調査しろ!

印刷

   またまた道路特定財源のあやしげな使い道が、きのう(2月21日)の衆院予算委員会で明らかになった。

解説してもらいましょう

   国土交通省所管の公益法人「国際建設技術協会」が昨2007年、約9200万円で作成した海外の道路事情の調査報告書がそれ。つくられたのがたった3部。1100ページと量は大きいが、内容たるや、インターネット上の百科事典「ウィキペディア」の表を丸写したりとずさんそのもの。

   毎日新聞によると、これは06年末の随意契約で、細野豪志氏(民主)が取り上げた。「いまどき(ウィキペディアは)学生のレポートでも教授が受け付けない」という追及に、冬柴鉄三国土交通相も「よく調査し法人の存続も含め検討したい」と苦い顔で答弁した、と伝えている。

   「インターネットからの引用レポートに1億円。こういうことに詳しい浅野さんに解説してもらいましょう」とみのもんた。

   浅野史郎は「3部というより内容ですよ。ウィキペディアからの引用だっていうんでしょ。わたしの教えている学生だって、そんなことでは済まさないですよ。教授だって成績出さない。しかし、これだけの金をかけてね」

   「楽ちんでいいですね」と柴田秀一。

   浅野は「だんだん出てきて、やっぱり財布代わりに使っちゃいけないよと。天下るんですよ」

   みのは「これこれが必要ですって、やっぱり承認がおりるわけでしょう」

   浅野「そもそも道路特定財源というのは、道路が足らないからと緊急にワーッとやったときのもので、余計なものなんですよ。これは道路特定財源でやるような話じゃない」

   まあ、ひとつひとつつぶしていくしかないか。案外それが早道かもね。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中