槇原敬之、ビートたけしの詞に曲つけ歌う

印刷

   2008年3月7日22時から放送される「たけしの誰でもピカソ」で、シンガーソングライター槇原敬之が登場する。司会のビートたけしがつくった「母親」の詩に槇原が曲をつけ、スタジオで演奏する。槇原は「世界に一つだけの花」「どんなときも。」などのヒット曲で知られる。槇原の日ごろの生活ぶりも紹介する。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中