小倉「なぜ今、無罪に?」 北九州市放火・殺人

印刷

   「北九州で、放火、殺人容疑で逮捕された60歳の女性に無罪判決が下されました。なぜ今、無罪になったのでしょうか」(小倉キャスター)。

無罪判決が下されました

   今朝の『とくダネ!』トップニュースは昨日(3月5日)福岡地裁小倉支部であった無罪判決。警察による不当捜査について分りやすく報じた。ワイドショー通信簿でもこの問題を2回に分けて取り上げる。

   まず事件の経緯から。発生したのは2004年3月、北九州市で無職、古賀俊一さん宅(当時58)が全焼し、刺し傷があった古賀さんの遺体が発見された。

   火災のため物証がなく捜査は難航。しかし警察は、アルコール中毒症の古賀さんを連日介護していた妹の片岸みつ子さん(60)をまず窃盗容疑、続いて威力業務妨害容疑で、さらに半年後に殺人、放火容疑で再逮捕した。

   片岸さんは、捜査段階から殺人、放火については一貫して否認していたが、捜査当局がきめ手としたのは、警察の留置所(代用監獄)で一緒だった女性(25)=覚せい剤取締法違反容疑で逮捕=に片岸さんが語った「本当は2回刺したの。胸のほかに首も刺したのよ」という「犯行の告白」。

   しかし、この女性が片岸被告から聞いたとされる凶器は、最初は果物ナイフ、続けて出刃包丁、包丁、アーミーナイフ、サバイバルナイフと5回も変わる始末。しかも「告白」に基づいて再鑑定した古賀さんの傷は「生前の傷と認めるには疑いが残る」(判決文)というありさま。

   結局、昨日の判決では、「定員2人の房に、意図的に長期間女性と被告を収容し、捜査に利用した。犯行の告白については任意性に疑いがある」と判断。殺人と放火については無罪。窃盗と威力業務妨害で懲役1年6カ月、執行猶予3年が言い渡された。

   大村正樹リポーターによると、窃盗とされた件についても、介護をしていた兄から「何かあったら葬式費用や娘のために使ってくれ」と通帳と印鑑を渡されていた。事件発生当時、兄は自殺と思っていた片岸被告が、葬式のために翌日金融機関で引き出したものだという。

   また威力業務妨害についても、事件発生の2年前に自宅の土地の使い道について兄の妻と揉めた時のことだという。

   小倉が「つまり放火、殺人に持っていくために別件で逮捕。自白を取ろうとしたのでしょうね」。こう言ってしまうと、よくある捜査手法。

   だが、故意に同房女性に情報を取らせるやり方は、スパイを送り込んだといわれても仕方がない。

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中