「橋下軍団を作れ!」 テリー、府知事に提案

印刷

   橋下徹・大阪府知事の就任1カ月を映像で振り返った。

数字をみせないと

   橋下知事とNHKとの「遅刻指摘バトル」や、知事が存廃見直しを表明している府の関連施設への訪問映像などを長めに紹介した。

   スタジオ陣は、加藤浩次が「スピードが早い」と評価するなど歓迎ムードだった。テリー伊藤は、一歩踏み込み知事に提言をした。「橋下軍団を作るべきだと思う」。

   テリーの説明では、今現在は橋下知事が施設を訪れ人員カットの話をするなど「カッコイイ」映像が流れている。しかし、ほどなく相手側が「(知事への対処法の)マニュアルを覚える」。そこで必要になってくるのは事前調査で、知事が赴く前に「前もって数字などをチェックしていかないと」。

   さらに、紹介した映像の中で知事が施設側へ建設費を質問した場面があったことを例に挙げた。「実際の建設費はこう、違った設計だったら建設費はこうだった、と数字をみせないと」と注文をつけた。そして繰り返した「1人でもいい。軍団を」。

   加藤も「どう理解して動いてくれるか、ですからね」と賛同した。

   確かに何から何まで知事が1人でできるはずはない。知事の意を汲んで調査・行動できる府職員は必要だろう。素人考えでは、1人や2人ぐらい「軍団」を見つけるのは簡単そうだが、思った以上に周りは「敵だらけ」なんて状況もあり得るのだろうか。

文   赤坂和郎 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中