私、ヒゲが生える女でもいいわ

印刷

   女を利用するか、女を捨てるか。Dead or Alive。

   これが放送作家業界の「女が生きる道」

   放送作家業界は、未だに女性の数が圧倒的に少ない。労働時間の決まりがないハードワークに不安定な給料、これじゃよっぽど仕事が好きじゃないと、女の子にとっては厳しい現場だ。そんな女性が少ない中で、女が生き残っていく方法は2つ。

   「女を利用するか、女を捨てるか」

   今でもそんなことを言っている業界があるの?と驚かれると思うが、化石のような現場が放送作家業界にはあるんです。

   「女を利用する方法」。これは、文字通り、女性の武器をありとあらゆる場面で使うこと。柔らかい言い方だと、「あの女、仕事以外だと何やってんだろ?」と、男性の想像を掻き立てるような女性でいること。仕草、物言い、そしてファッション。

   むさくるしい現場に、一輪の花となるような存在の女性です。でも、分かりやすくいうと、キャバクラのお姉ちゃん的存在でも可!というような女性でもありますな。先輩作家にご飯に誘われて……プロデューサーにご飯に誘われて……こうして人脈をどんどん作っていき、上の方と仲良くなってのし上がっていくタイプ。

   しかしながら、女性作家にもいろいろなタイプがいるわけで。全員がキャバ嬢になれるわけではございません。そういった女性に残された道は、ひたすら耐える。そう、それが「女を捨てる」派。女扱いされない、セクハラ満載、それでもめげない。男と戦っていき、ますます女気を失っていくタイプ。

   こうなったら、もうコラーゲンだろうがヒアルロン酸だろうが、何をやってもダメ。

   後は、ヒゲでも生えてくるのを待つしかない……

   女を利用するもよし、女を捨てるもよし、男社会で生き抜く術を、女は直感と自分の性格で自然と身に付けていく。

   そう、それもいつか男が頭を下げて、仕事をオファーしてくる日が来ると信じているから。

踊るオサムン
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中