2018年 7月 20日 (金)

テリーが精神科医にかみ付いた

印刷

   渋谷のセレブ妻による外資系夫バラバラ殺人事件の公判では、検察・弁護側双方の鑑定医が被告について「責任能力喪失状態だった」とする鑑定結果を発表。

この人自体がヘンだと思います

   この意外な出来事に検察はショックを受け、猛反発していると伝えられるが、このスッキリ!!のスタジオにも検察に劣らぬ迫力で異議を申し立てる人物がいた。番組のメインコメンテイター、テリー伊藤である。

   「人を殺すときって、誰しも錯乱状態じゃないですか。それを心神喪失って言われても困るわけでね」。精神鑑定と日本の刑法を強い口調で否定するテリー。続いて「検察側の鑑定医、ヘンじゃないですか、言ってること」「正直な話、この人自体がヘンだと思います、ボクは」と個人攻撃に走る。赤い帽子とシャツを着た"奇才"はヘンな医者に我慢がならなかったようだ。

   「これまでの検察の主張は何だったのかって話になる。彼一人の能力で、これまでのコトがひっくり返ったら大変ですよ、これ」。どうしても鑑定を認めたくないようだった。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中