2018年 7月 22日 (日)

素人をナメたらいかん

印刷

   NHKののど自慢チャンピオン大会を見た。いわゆるグランドチャンピオン(グラチャン)を決めるものだ。15組のチャンピオンたちが出場した。

   鬼束ちひろの「月光」を歌った福島のおネエちゃんが優勝した。みんな一生懸命に歌っているのが伝わってきた。なまじっかのプロより気持ちが入ってるな、という出演者もいた。そして気持ちだけじゃなく、みんな上手だった。難しい歌にも挑戦していてレベルが高かった。

   のど自慢なんて久しぶりに見たけど意外と面白かった。出演者は若い人が多かったけど、曲自体は演歌もあったし幅があった。ファッションもそれぞれ工夫していたし。昔ながらの形式だけどいい番組だな、と今更ながら感じた。

   変な番組見るよりよほど安心してみることができるのでは? こういう番組は、一歩間違うと、歌う人の単なる自己満足に付き合わされるだけになりかねない。歌のレベルの高さや元気よさ、エネルギーがあってこそだろう。

      グラチャンは だれが勝っても 納得だ

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中