ボクシング内藤の防衛戦 関東で視聴率26.3%

印刷

   ボクシング内藤大助がタイトルを防衛した「WBCフライ級タイトルマッチ」(2008年3月8日、TBS系)の平均視聴率は26.3%(関東地区)だった。内藤は、亀田3兄弟次男の大毅を07年秋に破り注目を集めた。ビデオリサーチが10日、同社サイトで発表した。

   また、9日にあった「名古屋国際女子マラソン」(フジテレビ系)の平均視聴率は25.7%(同)だった。同大会は、高橋尚子の北京五輪への挑戦などで注目された。中村友梨香がマラソン初レースで優勝した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中