2018年 7月 19日 (木)

「石原銀行」の「任期」はいつまで?

印刷

   「石原銀行」への追加出資400億円の是非を論議する都議会(予算特別委員会)は案の定荒れた。野党の知事追及はきつい。

時代遅れの設立だった

   民主党「責任の中にトップダウンによる決め方も入っているのか」

   知事「トップダウンというのはあなたの党の小沢さん…」(ここで「聞いてないよ」とかヤジが飛ぶと、色をなして)「だまって聞きなさい。わかりやすく言ってるんだから」

   共産党「1000億円の損失を出した知事の責任は?」

   知事「私が社長だったらもっともっと大きな銀行にしてましたよ」

   共産党「都民に謝るべきだ。それが知事としての責任だ」

   知事「400億円出さないとこの会社つぶれてしまいますよ。つぶすにはもっともっと金がかかり、多くの犠牲者が出てしまう。それで動議を出しているだけだ。あなた、もっと先のことを考えないと…」

   共産党「1000億円の赤字をつくった人間にそう言われる筋合いはない」

といったハイライト映像を流して所太郎が説明にかかる。

   「400億円投入の根拠は、2008年度の自己資本比率を4%にするためのようだ。自己資本比率とは銀行の安全性を示す経営指標のこと。これも当初、都が出したマスタープランでは邦銀トップクラスの13.1%を維持するとされていた」

   鳥越俊太郎「この銀行ができたころは中小企業に対する貸し渋り、貸し剥がしはなくなっていた。時代遅れの設立だった」

   落合恵子「だまって聞きなさいとおっしゃっているけど、都民としてだまって聞いていられない」

   萩谷麻衣子「石原さんの任期は2年後に切れる。やめたあと、400億円投入の責任はどうなるのか」

   所によると、スタート時と今回を合わせて1400億円の出資だと、都民1人当たり1万930円の負担になるそうだ。石原知事を選んだ都民が受ける痛みか。

文   アレマ | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中