2018年 7月 22日 (日)

ドライブスルーをスルーの「犯人」 「逮捕を」とテリー主張

印刷

   満面の笑顔とともに「(そんなものは)~でいいんですよ!」と腕を振り上げ、世間の常識にこだわらない、ほとんど反社会的なまでに寛容な"奇才"にふさわしい態度を示したと思えば、次のトピックでは渋面をつくり、社会規範を押し戴いた強硬論をぶつ。

また同じような連中でてきますから

   まるで舞台衣装を着替えるように、さまざまな顔とコメントを見せてくれるのが「スッキリ!!」コメンテイターのテリー伊藤。しかし、その七変化はどこまで意図されたものなんだろう。とにかく彼自身が現実に身にまとってる日々のファッションほどにはスッキリ!!とコーディネートされてない印象だ。どこに基準があるのかよくわらないし、同じトピックについて日替わりで意見が変わったりする。視聴者的に悪酔いしそうなカオスぶり。

   本日(3月12日)、某ニュースサイトが取り上げたばかりの「マクドナルド ドライブスルー(スルー)事件」が大マスコミの人気番組であるスッキリ!!にはやくも登場。すると、モラル派の渋面テリーが顔を見せた。

   「不愉快ですよ。本当に業務妨害でしょ」と吐き捨てるテリーは、とにかく犯人をタイホしちゃえと繰り返す。「こういう連中、どんどんタイホしちゃっていいんですよ。タイホしないとまた同じような連中でてきますからね」

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中