2018年 7月 17日 (火)

28億「脱税姉妹」 その生活ぶりは……

印刷

   コメンテーターの南美希子ならずとも、「映画『マルサの女』を思い出す」ニュースではあった。大阪市生野区に住む64才と55才の姉妹が28億6000万円を脱税したとして逮捕されたのである。脱税額としては過去最高で「脱税姉妹」と呼ばれることとなった。

1日100万円で16年か

   姉妹の父は不動産賃貸業や貸金業などをして一代で財をなし、75億円を遺して2004年に死去した。このうちの16億円しか申告せず、残りを隠匿したのだ。

   高村智庸リポーターが小脇にみかん箱大の段ボール箱を抱えて姉の住まい前にやってくる。大金持ちとは思えないごくふつうの住宅で、「間口4間奥行き4間ほど」(高村)。近くのおばあさんに聞いても、「海外旅行に行くわけでもなく、ダイヤの指輪やアクセサリーをつけるわけでなく、私らと同じレベルの生活をしていた」とのこと。「着物だけにはお金をかけていた」らしい。

   玄関横に軽自動車用のガレージがあり、そこに58億円を隠していた。高村の持っていた段ボール箱にして50個分。「1個12キロでおよそ600キロ、朝青龍4人分。1日10万円ずつ使っても161年かかる」(高村)。

   ちなみに、姉の家から300メートル離れたところに居住する妹は、亡くなった親が残したかなり派手目の洋館で暮らしているが、生活はやはり質素だったという。

   鳥越俊太郎「1日100万円使って16年か」

   南「天網恢恢疎にして漏らさず、というか、結局、見つかるんだということかしら」

   石丸幸人「追徴金を払わされてかえって高い代償になったのではないか」

   高村によると、41億円相続できたはずが30億円になって、11億円損した計算になるそうだ。

   相続税は高すぎるのか、それともある所からは出してもらうべきか、見かたは分かれるでしょうね、きっと。

文   アレマ | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中