75歳でエベレストへ 「年齢忘れる」方法とは

印刷

   『第6級』。岩壁登はんの最高難易度をあらわす言葉だが、熱意・気魄・度胸で限界に挑戦する日本の若手アルピニストの活躍ぶりが最近、聞かれなくなった。

普通の人じゃできない

   代わって何くそ! とスキーでも有名な75歳の三浦雄一郎が今年エベレスト登頂に挑戦する。5年前の2003年5月、70歳で登頂しており、成功すれば最高齢登頂の記録更新になる。

   その壮行会が昨日(3月13日)都内で行われ、小倉キャスターも参加した。今朝の『とくダネ!』は、小倉の三浦へのインタビューなどその模様を報じた。

   小倉「前と比べて気持ちの持ちようは違いますか?」
   三浦「違いますね。厳しさを体験しているから、なおさらウント気を引き締めています」
   (三浦は不整脈が見つかったのか心臓を手術し成功したばかり)

   小倉「心臓は大丈夫ですか?」
   三浦「前より良くなって、登頂の可能性はあると思う」

   前回登頂の時と同様、4.5キロの重りを足につけて歩き回ったが、今もこの筋トレは欠かさないようだ。小倉が「4.5キロの重りを足につけてゴルフをやっているんですから……普通の人じゃできない」。

   優れた装備に支えられ、いまや年間何百人もの登山家が登頂を試みるエベレスト。超一流のアルピニストだけが克服できる『第6級』と比べるのは可笑しいかも知れないが、75歳の三浦さんにとっては、今回の登頂は『第6級』だろう。

   なぜ挑戦するのか。三浦さんは「目標に向かって肉体的、精神的なトレーニングをやっていると、人間って年齢を忘れて人生色んなチャレンジができるのかなという感じ」という。

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中