2018年 7月 20日 (金)

テリーが「ブサイク芸人」をチェック

印刷

   番組ならではのホワイトデー企画として、なぜかホワイトデーとは無縁の「ブサイク芸人」が大集結。よしもとブサイク第1位の山里亮太(南海キャンディーズ)、2位の家城啓之(カリカ)、5位のQちゃん(ハイキングウォーキング)の3人。「奇跡の顔面」「筋金入りのブサイク」(延友陽子アナ)たちが、悲惨なエピソードを披露し、自虐ギャグを繰り広げた。

オーケーですよ!

   それまで眠たそうだった司会の加藤浩次は、一転してイキイキと活躍。後輩を丁寧にイジリつづけ、山里の頭にはストッキングをかぶせて涙ぐませるなど、吉本の先輩の貫禄を見せる。

   テリー伊藤は3人を終始褒めちぎっていた。「オーケーですよ!」「いい感じ」「これから上がっていきますよ」「時代が来てるんですよ」などだ。もちろん、番組における立ち回りだったのだろうが、冗談とも本気ともつかない話しぶりで、ギョーカイ人、いや"天才演出家"の往時を彷彿とさせた。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中