テリーが「ブサイク芸人」をチェック

印刷

   番組ならではのホワイトデー企画として、なぜかホワイトデーとは無縁の「ブサイク芸人」が大集結。よしもとブサイク第1位の山里亮太(南海キャンディーズ)、2位の家城啓之(カリカ)、5位のQちゃん(ハイキングウォーキング)の3人。「奇跡の顔面」「筋金入りのブサイク」(延友陽子アナ)たちが、悲惨なエピソードを披露し、自虐ギャグを繰り広げた。

オーケーですよ!

   それまで眠たそうだった司会の加藤浩次は、一転してイキイキと活躍。後輩を丁寧にイジリつづけ、山里の頭にはストッキングをかぶせて涙ぐませるなど、吉本の先輩の貫禄を見せる。

   テリー伊藤は3人を終始褒めちぎっていた。「オーケーですよ!」「いい感じ」「これから上がっていきますよ」「時代が来てるんですよ」などだ。もちろん、番組における立ち回りだったのだろうが、冗談とも本気ともつかない話しぶりで、ギョーカイ人、いや"天才演出家"の往時を彷彿とさせた。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中