2018年 7月 23日 (月)

お笑い大御所、橋下知事に苦言

印刷

   議会答弁の削除が相次ぎ、朝礼をやれば逆襲に遭うなど、今や"四面楚歌"の様相を帯びてきた橋下大阪府知事。今度は、お笑いの大御所から反発を食らう一幕を、笠井信輔アナが『得もり』コーナーで取り上げた。

   ノック知事時代の1996年につくった大阪府立上方演芸資料館『ワッハ上方』。年間4億円もの赤字を出していることから橋下知事が見直しを指示した。

   この見直しに反発して上方漫才の大御所、喜味こいしさんが噛みついたのだ。

   「借金があるからと言ってなくすというのはちょっと腹だたしい。ミナミのあの土地はお笑い発祥の地ですので、そこをなくすということは大阪の笑がなくなるということになる」

   『ワッハ上方』は、ビルの4階から7階までを借り、4階が展示室・小演芸場、5階がワッハホール、6階が事務室、7階がレッスンルーム。2007年度の運営費は4億3千万円、その約半分が家賃で2億8千万円、ところが収入は5千万円と、完全な赤字運営。

   橋下知事は「なくそうというわけではなく、一等地に置かなくてもいいのではないか。今の財政を助けるためには仕方がないのではないか」という。

   しかし、この建物がないと消えてしまうとは笑止千万。上方のお笑いがそんなちゃちな芸とは思えないのだが…。お笑いの大御所が、ここらで便乗発言しておかないと存在意義がなくなる、とでも思ったのだろうか。

文   モンブラン
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中