日銀総裁不在でみのがイギリスに逆切れ?

印刷

   イギリスの経済紙「フィナンシャル・タイムズ」が、「求む!日銀総裁」という社説で、日銀総裁騒動を皮肉を交えて論評した。

相当な毒舌ですよ

   なかで、財務官僚がパラシュートのように天下りすることは、日銀の金融政策の独立性を損なうと批判し、民主党が妥協できる人物として黒田東彦アジア開銀総裁などの名まであげて、緊急事態の乗り切り策を示唆した。

   しかし、より急進的な選択肢としては、「優れたマクロエコノミストで、マーケットの気持ちが読め、外交官と最高経営責任者(CEO)の能力を併せ持つ人物が最高だ」としている。

   みのもんたは、「その通りじゃない、杉尾さん」といったが、杉尾秀哉は「いれば、ですね。すごくむずかしい」

   杉尾は「英語の能力というか、高いコミュニケーション能力が必要。日銀総裁は、各国の通貨マフィアといわれる人たちの1人になるわけだから、すごい高い能力を求められることは間違いない」

   浅野史郎は「イギリスの新聞てのは、相当な皮肉ですよね」

   みのは、「相当な毒舌ですよ。じゃあ、イギリスからだれか来てもらおうか」(笑い)「できるもんなら、やってもらおうじゃないか」(笑い)

   「逆切れですよ」と浅野。(その直前のニュースで、中国外務省が逆切れというのがあったので、またまた大笑い)

   吉川美代子が、「グリーンスパンさんあたりにきてもらいたいですね」

   「なるほどねぇ、いろんなニュースがあります」とみのが締めくくったが、世界中が、同じ目で日本を見ていることは確か。日本人だけが、あの騒ぎを与野党の駆け引きだと思っている。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中