2018年 7月 19日 (木)

「新」東京タワー あなたのネーミングは?

印刷

   周辺の高層ビル化で電波障害が甚だしい東京タワーに代わり、2011年12月東京・墨田区に、新しいタワー(610メートル)が登場する。

どうですか皆さん?

   『とくダネ!』の笠井信輔アナが、現在『名称検討委員会』で進めている新タワーの名称。「名前をつけるのも楽じゃない」という裏事情について取り上げた。

   完成すれば、カナダのCNタワー(553メートル)を抜いて世界一。

   ここから地上波デジタル放送の電波が送られる。 東京の新たな観光スポットになるのは間違いなさそうで、360メートル地点に第1展望台、450メートル地点に第2展望台が作られる予定だ。

   今回、名称を公募したところ1万8606件もの応募があった。この中から同委員会が選んだのが次の6案。(1)東京EDOタワー(2)東京スカイツリー(3)みらいタワー(4)ゆめみやぐら(5)ライジングイーストタワー(6)ライジングタワー。

   名称検討委員の阿木燿子さんは「6案どれをとっても小説や歌のタイトルに合うような気がします」と言うのだが…。

   笠井が「どうですか皆さん?」と感想を聞いても、スタジオはシーン。「あんまりよくない???このネーミング大変な苦労がありましてね~。実は応募者のネーミング・トップ5は別にあるのです」と言って笠井が出したのは次の名称。

   (1)大江戸タワー(492票)、(2)新東京タワー(345)、(3)さくらタワー(207)、(4)日本タワー(206)、(5)東京スカイタワー(166)

   『大江戸タワー』はお菓子屋さんが既に商標登録済み。『さくらタワー』はザ・プリンスさくらタワーがある等々で、使えない。結局、6案は、応募者数のランキングでいえば、『みらいタワー』が11位、あとは全部20位以下という番外。

   4月1日からこの6案について投票がスタートする。

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中