茨城通り魔事件 勝谷「撃てなかったのか」

印刷

   茨城県のJR駅で8人が殺傷された通り魔事件。容疑者は、別の殺人事件で指名手配され逃亡中で、警察は事件が起きた駅を含め周辺を警戒中だった。スタジオは警察の対応に議論が集った。

弱さを感じる

   警察に落ち度はあったのか、と問う加藤浩次にテリーは「警察は逃げるものを追いかけるのは強いが、相手が攻めてきた場合は弱さを感じる」とやんわりと批判した。

   勝谷誠彦は、事件現場に警察官が配置されていたことを指摘し「ほかの人がいるのも分かるけど」と断った上で「撃てなかったのか、ていうのは思います」と、銃を使う強硬手段を取る是非を問題提起した。

   さすがに強硬過ぎると感じたのか、ほかのスタジオ陣は銃撃問題についてはスルー。テリーは、殺人事件の指名手配犯が周囲にいることの周知をすべきだったと、警察の広報姿勢に疑問を呈した。勝谷も「駅に立看板はあったのか。あったなら(犯人が駅に近付く)抑止効果もあった」と応じた。

   容疑者が逮捕されたのは、警官が出払った交番を容疑者が訪れ、そこから犯行を告げ待っていたから、とされる。容疑者は逃げようと思えば、まだ逃走できていたのかもしれない。「撃つ」べきだったかどうかはともかく、警戒態勢の検証はしっかりやってほしい。

文   赤坂和郎 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中