2018年 7月 21日 (土)

朝青龍が将来の協会理事長? 勝谷によぎる不安

印刷

   朝青龍が2008年3月23日、大阪で行われていた大相撲春場所で優勝した。昨2007年後半のゴタゴタ続きから今年の初場所決勝敗退「2位」を経てこれで「完全復活」という訳だろうか。映像では、朝青龍が「ワシは大阪好きやで。毎度おおきに」とにこやかにインタビューにこたえる姿が流れた。

   スタジオでは、朝青龍が優勝回数22回で歴代4位になったことを紹介した。3位の記録を持つ相撲協会理事長、北の湖の24回超えも目前だと盛り上がったが、勝谷誠彦は「どうすんのよ、(朝青龍が)理事長になったら」と心配して見せた。加藤浩次は「理事長はないでしょ」と否定した。

   勝谷はおさまらないのか、朝青龍の優勝後インタビューなどについて「態度はプロレス。マイクパフォーマンスも品格がない」「日本人は何で優しいのかね」と、「強い」朝青龍復活歓迎モードに毒付いた。

   勝谷が引き合いに出したのは、汚職政治家が「みそぎ選挙」で勝てば許されてしまう、というパターンだ。

   これが日本人の「優しさ」ゆえなのか「忘れっぽさ」だからなのかは定かではない。ところで朝青龍は必ずしも忘れっぽくはなさそうだ。1か月ほど前の朝青龍「死ね発言問題」のとき「突撃」取材したスッキリレポーター大竹真に対し、朝青龍は23日、「この前雪駄踏んだやろ」と声をかけ厳しい視線を向けていた。大竹はスタジオで「踏んでません」と「無実」を訴えていた。

文   赤坂和郎
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中