竹野内豊の「激写」で得したのは?

印刷

   TBSのキヤノンスペシャル「地球創世ミステリー マザー・プラネット」。竹野内豊がガラパゴスへ行って現地報告した。

   BBCの協力も得たとかでいい映像が多かった。楽しんで見ることができた。ガラパゴス諸島と言えば、ダーウィンの進化論、自然の楽園、といったイメージだったけど、今や人間が近付き過ぎ自然が崩れてきていた。動物がゴミや廃棄物を食べて被害が出ていた。サンゴも死んでいっている。新味は感じなかったけどとても丁寧に仕事をしているな、と思った。

   番組が危機的状況を訴えたいのはよく分かったが、どちらかと言えばきれいな映像紹介が主体で批判・告発の意味では甘口だった。

   竹野内は、カメラも撮れるしスキューバも出来るし器用に取材をこなしていた。頑張ってたと思う。コメントは今ひとつ気がきいたのはなかったけど。

   「おいしかった」のはやはりキヤノンだろう。竹野内がいい所、いいタイミングで写真を取る映像が映るんだけど、これはキヤノンのカメラのいい宣伝になったと思う。番組の映像も竹野内も良かったけど、勝ったのはキヤノンってとこかな。

      ガラパゴスで 分かる地球の 暗い先

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中