赤江アナ「時効は本当にいるのかな」

印刷

   今朝(4月2日)の『スパモニ』は、依然ゆくえが分からない時効の過ぎた元容疑者に、賠償命令を出した札幌地裁の判決を取り上げた。刑事がダメなら民事でという時効の壁を突き破る"便法"は、「殺人罪に時効は必要か」を改めて考えさせられる。

   事件が起きたのは1990年、帰宅中の札幌市の女性信金職員(当時24)が首などを刺され殺された。女性のハンドバックにあった預金通帳の指紋などから男(39)が特定され、指名手配された。

   しかし、一向に男の行方はつかめず、女性の母親は200万円の懸賞金をかけ情報を募ったりしたが、結局2005年12月に時効を迎えた。

   そこで母親は07年9月に民事訴訟を起こした。「娘の一生をだいなしにして、逃げ回ればそれでいいのか。刑事で裁けなければ代わりに民事で。娘の気持ちに少しでも詫びられるようにしたい」というのが動機という

   08年3月31日に行われた札幌地裁の判決は約7500万円の支払いを命じるというもの。霊前にこの判決書を供えたという母親は、時効について「殺人という罪を犯したのだから一生かけて償う、警察も追いかけ続ける。そういう法律を作って欲しい」と訴えている。

   大澤孝征弁護士によると、時効により殺人罪で問えないなら、民事でというケースが増えているとか。

   赤江キャスター「私個人としては、時効は本当にいるのかなと思います」に、報告したリポーターの高村智庸も「怒りとか悲しみに時効はないですから…」。

文   モンブラン
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中