2018年 7月 23日 (月)

後期高齢者医療制度 問題なのは名前か中身か

印刷

   4月から始まったばかりの「後期高齢者医療制度」だが、「後期」ではまるで「末期」のようだなどと、名称に批判が続出。福田首相の指示により、「長寿医療制度」(仮称)などのニックネームをつけることが急遽決まったという。

「長寿」は喜ばしい言葉ですから

   この日ゲストの福島みずほ・社民党党首が「言葉だけじゃなくて、内容も変えないと」とコメントすると、「まあ、小さな一歩なんでしょうね」と司会のみのもんた。「『長寿』は喜ばしい言葉ですから」と小さく評価した。

   たしかにネーミングで印象は変わるが、名前と実物がかけ離れていると、悪い冗談にしかならない。「夢の島」がゴミの山だったように、これも「夢の制度」という感じではある。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中