楽天連勝と野村サッチー「マジック」の関係

印刷

   今日(4月3日)の「得もりボード」は、プロ野球の楽天イーグルス6連勝を取り上げた。球団新記録で4月2日現在2位だ。

このペースでいけば…

   笠井信輔アナが、開幕4連敗から連勝街道へと転じた3月26日に焦点をあてた。野村克也監督の妻、サッチー(最近耳にしないが)こと野村沙知代の誕生日だそうだ。26日の試合前の球場には、野村監督の息子克則・楽天コーチの「byカツノリ」とした「署名」で「今日はおふくろの誕生日」と大書し、選手に発破をかける内容も書かれたボードが掲げられたことを紹介した(「署名」などを書いたのは池山コーチ)。

   これをもって笠井は、「野村マジック」にひっかけ「沙知代マジック」という小ボードを披露した。26日の発破かけが効いたという訳だ。

   さらに「このペースでいけば」と、年間86勝で優勝できるという試算も発表した。スタジオ陣からは「単純過ぎる」と不評だった。その後笠井は、地元仙台では楽天が勝った日にレジの機械が安くなったり、畳・ふすま替作業料が5%オフになったりする「盛り上がり」ぶりを紹介した。

   開幕以来「不調」の巨人ファンである芸能レポーター前田忠明は話題を振られたが、ご機嫌ななめの様子で「巨人がこんなに勝っても、こんなの(得もりボード)やってくれないでしょ」とぼやいた。笠井は「それは汐留の方で」と、巨人と縁の深い某局へ下駄を預けた。

文   赤坂和郎 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中