2018年 7月 23日 (月)

「オレの酒が飲めんのか」に「ヤダピョン!」 グッズ 賛否の嵐

印刷

   お花見の季節はお酒の季節。飲めないものには苦痛の季節でもある。ただし飲んべえには分かってもらえないーーそこで登場したお酒強要防止アイテム「アルハラ・ヤダピョン・コースター」をめぐってかんかんがくがく。

しゃべれやー

   このコースター、イッキ飲みで子どもを亡くした親たちがつくった市民団体「イッキ飲み防止連絡協議会」がつくったもので、「下戸」と蛙の鳴き声「ゲコ」をかけて蛙のデザインを考案。

   「イッキ飲めません」

   「体質的に飲めません」

   「車なので飲めません」

   「限界なので飲めません」の4種類をセットで無料配布し、これらでグラスにふたをしたり、背広のポケットに差したりして、お酒の強要を断ろうというアイデア。

   実はきのうの番組で、新聞からとして紹介されたのだが、加藤浩次は言下に、「こんなのいらない。しっかりコミュニケーションして会話していれば、断れる。『ピョン』といわれたら腹立ってきますよ」と切って捨てたのだったが、同協議会には問い合わせが殺到して、公表から1週間で、用意した2000セットがもう残り少くなったのだと。

   中山実香がきのう(4月2日)東京・飛鳥山公園で盛り上がるお花見のグループを聞いて歩いた。

   「あー、こういうのがあると助かりますねー」

   上司から飲めといわれると? 「つらいです」

   「使っていいですか?」とさっそくコースターをかかげる人。しかし、「見えませーん」「口で言ってくださーい」

   「口で言うよりは出しやすいかも」という女性に、脇から「口で言おうよ」

   部下が出したらどうしますか?に、女性の上司は「却下します」。

   男性は「無言で見せられたら恐いでしょ」「そんなに仲良くなかったのかなと思っちゃう」--というような騒ぎ。

   VTRが終わったら、「フン」と加藤はぶ然。

   テリーは「これ、お店には置いてくれないよね」

   「宴会の幹事さんから問い合わせが多いとか」と山岡三子。

   「あそうか。これはいいかも」と「車」と「体質」をかざすテリーに、ロバート・キャンベルが「ストレートでなく、もうちょっとナゾかけやひねりがあるといい」

   しかし、加藤は頑固に「飲んでる席で、なんでこんなもの出すんだと思っちゃう」

   山岡が「ヤダピョンと出したら、コミュニケーションになる」

   が、加藤は「しゃべれやー」(笑い)

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中