2018年 5月 21日 (月)

五輪の聖火消え 中国へ批判の炎燃え上がる

印刷

   北京五輪の聖火リレーは、突如として障害物走に変わってしまった。ロンドンに続き、パリでも、大規模な妨害行為が発生。トーチの火が消され、ついにはランナーがバスで移動することに。元バレーボールオリンピック選手の三屋裕子も「前代未聞」と驚く事態である。

強引に進めるわけにも……

   チベット問題などで強権ぶりを遺憾なく発揮する中国政府に、「朝ズバッ!」のスタジオでもクレームが相次いだ。

   「中国政府が対話の姿勢を示さないと――妨害はエスカレートするばかり」(与良正男・毎日新聞論説委員)

   三谷のコメントはより直接的。「武力で押さえつけるとか、情報操作をするとかしないで、真摯な対応をするべきだ」

   司会のみのもんたも「中国政府側もこのまま強引に進めるわけにもいかないでしょう」

   これから聖火はアメリカ大陸・サンフランシスコに渡る予定。騒動の火の粉も一緒に飛びそうだ。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中