エレーヌ絶賛「世界一」スクランブルエッグ テリー疑いの目

印刷

   ニューヨーク・タイムズが「世界一の朝食をつくる男」と書いたとかーーホントかよ。

海見ながら食べたら……

   鎌倉・七里ヶ浜にこのほどオープンした「bills」のオーナー・シェフ、ビル・グレンジャーが、その人。オーストラリアでの名声をひっさげて、日本上陸となったのだが、ともかく行列、行列……みんな口をそろえて「やわらかい」「ふわふわ感」というのが、スクランブルエッグだ。

   「スッキリ」は開店前から、密着取材。とくにビルが日本人スタッフをトレーニングするところをしっかり見せた。いわく、「肉をぱさつかせない」「シンプルが一番」

    メニューは30種。チキン・シュニッツェル、コーン・フリッター、チェリートマト・リコッタなどどれも独特のつくりだが、基本は素材を生かすことらしい。とくにスクランブルエッグ、そのレシピを惜しげもなく公開した。

   卵2個、生クリーム1/3カップ、バター10グラム、塩少々。ただし、卵は有機農法ものに限る。でないとふわふわにならないのだという。

   「簡単なんだ」といいながら、卵、生クリーム、塩をボールで混ぜ合わせる。「混ぜすぎないように、滑らかに」。そして、熱いフライパンにバターを溶かし、溶いた卵を流し込む。火加減はやや強め。「ここからが重要」とビルがいう。

   「フライパンをにらんではいけない。後にさがってリラックス。コーヒーを飲んだりしてパンを放っておく」。そして20秒ほどたったら、へらで外側から内側へゆっくりとかき回していく。「ゆっくりかき混ぜるとクリームが溶けだします」。半熟状態で皿にうつせば「世界一のふわふわ卵のできあがり」。

   で、初日にやってきたのが、「スッキリ」でいちばんの食いしん坊、葉山エレーヌ。ビル自らのサーブでまず、ふわふわ卵をぱくり。「うーん、Amazing!」「口の中でアワみたいにすぐ消えちゃうんですよね」

   次がリコッタ・パンケーキ。「軟らかい。うそー。ほとんど雲みたい」と口に入れたら、「何だろうこれ。天国みたい。全然歯の意味がない」「おいしい。とまんなーい」

   で、スタジオにもスクランブルエッグが持ち込まれた。加藤浩次は「わ、うまいねー」

   エレーヌは「加藤さん、スクランブルなんてそんなに違いはないだろうって」

   「そんなこといってませんよ。海見ながら食べたら最高でしょうね」(加藤)

   テリーは「わたしは卵焼き屋のせがれですから」と、疑わしそうにしていたが、「外国の味だね。同じ食べ物でも」

   エレーヌが元気に、「みなさまもよろしかったらどうぞ」。彼女のお皿はとっくに空だった。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中