こういう花見も悪くない

印刷

   テレビ東京の「美の巨人たち」の400回記念第1弾。日本絵画の巨匠、横山大観の「夜桜」という屏風絵を取り上げた。

   1930年というから大昔だけど、ローマで日本美術展覧会があった際に5か月かけて描いた。展覧会のために日本から宮大工や庭師までが出向き、大観は団長だった。このとき巨額の費用を負担したのがホテルオークラの人で、今「夜桜」は大倉集古館にあるそうだ。

   絵は、さすが5か月かけたというだけあって見事なものだ。当時の秘話を淡々と番組は紹介した。

   こうしたマジメな番組を民放で400回も続けるのは大変なことだ。今はキリンビール、以前はセイコーエプソンがスポンサー。強いスポンサーがいるからこそできる番組だろうが、それでもここまで続けている努力には敬意を表します。

      美の巨人たち 大観の夜桜を見に 参ろうか

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中