2018年 7月 18日 (水)

加護亜依を追い込んだのは「家庭」か芸能界か(今週のワイドショー通信簿<上>)

印刷

   喫煙問題で芸能活動から遠ざかっていた元「モーニング娘。」の加護亜依(20)の「復帰宣言」インタビューが、今週大きな注目を集めた。スーパーモーニング通信簿「元『モー娘』加護がタバコに走った~」(2008年4月7日)も、テレビウォッチのアクセスランキングで1位になるなど関心が高かった。

   通信簿記事は、加護と芸能レポーター梨本勝のインタビューでのやりとりを紹介した。加護は、タバコを吸うようになった経緯について、親の再婚など「家族が一つになれなかった」ことを挙げた。事務所を解雇された後、リストカットしたことも明かにした。そしてこうした経験を生かし女優になりたいと話した。

   番組のスタジオ陣は、タレント松尾貴史が「応援してやりたいと思う」。作家吉永みち子は、加護が12歳でデビューし、子供でありながら「片方で大人を求められ」「大変なことですよ」と、若くして芸能界で活躍することになった苦労を指摘した。どちらも加護に同情的だった。

   加護にがんばってほしい、と思っている人は大勢いるようだ。しかし、がんばる「舞台」は必ずしも芸能界でなくてもいいのでは、という声もあるようだ。通信簿記事のコメント欄には厳しい意見も寄せられていた。

テレビウォッチ編集部

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中