「せんとくん」リベンジなるか(今週のワイドショー通信簿<上>)

印刷

   奈良県で2010年にある「平城遷都1300年祭」の新キャラクターの名前が「せんとくん」に決まった。「せんとくん」は、その独特な風貌で話題を集めていた。

   とくダネ通信簿「『せんとくん』の角が立つデザイン~」(08年4月16日)では、地元のデザイナーたちが独自に新しいデザインを公募する動きを紹介した。スッキリ通信簿「奈良の『せんとくん』デザイナー登場~」(同)では、「せんとくん」のデザインをした彫刻家の藪内佐斗司・東京芸大教授がスタジオに生出演した模様を報じた。藪内教授は「反対運動があることは知ってます。私にはありがたい」と話した。

   テレビウォッチでは、「奈良新キャラ『せんとくん』 認めてあげる?」(4月17日)で、23日までアンケートを募集している。3月6日から12日まで行ったほぼ同趣旨のアンケート「『奈良遷都祭』キャラ~あなたはOK?」では、219件の回答が寄せられ、デザインに否定的な意見が多かった。今回、名前が決まった「せんとくん」は、前回アンケートの「リベンジ」ができるだろうか。

(テレビウォッチ編集部)

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中