2018年 7月 22日 (日)

光市の「母子殺害」 判決を直前にひかえた遺族心境

印刷

   1999年、山口県光市で発生した18才少年による母子殺害事件の差し戻し審判決が明日4月22日、下される。

微妙な判決になるでしょう

   被害者の遺族が声高に死刑を訴え、一方では、途中で変わった大弁護団が、加害者の殺意を否定して傷害致死を主張、死刑回避を求めるなど、大きな注目を集めてきた。最終公判を前にした会見で、現在の心境を述べた遺族、本村洋の9年間を、大村リポーターが報告、それを受けてスタジオ陣がコメントした。

   1審での無期懲役判決後、「私の手で犯人を殺す」と涙ながらに語っていた当時の映像と、「あのときは不適切な発言をしました…明日の判決を厳粛に受け止めます」と落ち着いて話す姿を比べると、「9年の歳月を感じてしまう」(大村)のは確かだ。

   といって、本村(彼)が、無期懲役を受け入れるというわけではない。「人を殺めた人間は命をもって償うべき」と考える彼が望むのは死刑である。ただ、大村によると、「それは日本の極刑が死刑だからで、無期懲役なら無期でいい」というのが彼の真意なのだそうだ。

   小倉智昭「辛い悲しい9年間だったろうけど、だからといって、本村さんやメディアの意見によって裁判が動いてはいけない。来年からの裁判員制度発足にあたり、ポイントになる裁判で、微妙な判決になるでしょう」

   ピーコ「本村さんがこれだけ声を出してきたから、被害者救済の道が開いた。その点で大きい。そして、18才ってもう大人。少年法だけによる判決に警鐘をならしたことでも意味がある」

   小倉「死刑判決が出れば出たで、本村さんに死刑の重さがのしかかってくるでしょう」

   松本大「被害者側の考えがしっかり出て行くのはいいことだけど、人に対する刑罰をどう決めるかのしくみは別。バランスをとった上で感情に影響されない、刑罰がなされるべきだと思う」

   彼は今でもときどき現場の部屋を訪れるという。「2人の魂がそこにあるような気がして手を合わせる。思い出すし、恐怖心もあるけど、落ち着く気持ちもある」。

   どんな判決になろうとも、彼の歩む道はこれからも平坦ではあるまい。

文   アレマ | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中