2018年 7月 19日 (木)

横浜ベイスターズ弱い理由 みのの分析

印刷

   昨今は控えめな発言姿勢が目立つ番組司会のみのもんただが、横浜『TBS』ベイスターズに向ける目は日に日に厳しくなり、コメントは率直である。この弱小球団に『応援団長』として文句を言う分には誰も文句をつけない。弱いベイスターズこそ、みののオアシスである。

みの:もう大洋ホエールズじゃない!

   ほぼ日替わりで大胆「提言」を行うみのの今日のテーマは「新生ベイスターズ」。「もう大洋ホエールズじゃないんだ。新生ベイスターズにならないと」と繰り返すが、視聴者的にはワケがわからない。

   横浜大洋ホエールズが横浜ベイスターズに改称したのは1992年。TBSがオーナーになってから5年以上経つ。いまらさらなにが「新生」なのか。5年の月日が昨日のことのように思えるほど、時間経過が把握できなくなったのかと懸念されたが、後の時間帯で発言の真意が多少明らかになった。

   「フロント陣に問題があるでしょうね、ハッキリ言いますけど」。どうやら球団に残る大洋色が諸悪の根源だと言いたかったらしい。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中