2018年 7月 21日 (土)

長野・聖火リレーのヘリ中継は「愚行」 テリーが怒る

印刷

   北京五輪の聖火がきょう(4月25日)早朝羽田に到着、バスで長野へ向かった。各社一斉にヘリを出して、首都高速を走るバスを追った。むろん日テレも追っているのだが、なぜか「スッキリ」はその映像を一切流さず。

もっと怒った方がいい

   聖火リレーがどんな形になるかは、きのうテリー伊藤がスタジオでシミュレーションして、大柄な警官に守られた状態では「聖火ランナーが全然見えない」と怒ったばかり。

   そのせいか、現地長野からのVTRでは、聖火ランナーの1人萩本欽一がメーンで、「本当はハイタッチしながら走りたいよね」。また、走者の順番が最初の星野監督だけ決まっていることで、「いちばん不安なのは走る本人ですよね」。わきから浅香光代が「3番がいい。3が好きなの」。デーモン小暮『閣下』の姿もあった。

   山岡三子が、リレーコースを点検した結果「危険個所がみつかった」という。ゴール間近の1か所が工事中で、道幅が3メートルくらいしかない。聖火ランナーを左右からガードする

   100人もの警官が通れるのか……というわけだ。

   ここでテリーが怒った。「客観的に見ることが大切。こんなことより、さっきちょっと出たガソリン税の方がはるかに大事ですよ。聖火なんてたいしたことじゃない。ヘリ出して中継するなんて日本だけですよ。もっと怒った方がいい」

   山岡はまた、長野市長宛に「硫化水素をまく」という脅迫メールが来ているというスポーツ紙の記事を紹介した。

   テリーは「注目してると愉快犯が出てくる」とにべもない。

   八代英輝は「聖火リレーやる必要あるのかと思う。人も見えないし」

   「スッキリ」はたしかに、テリーがいう「大切な話」が極端に少ない。それが、テリーのカラーでもあるのだろうが、さすがに切れたか。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中