五輪メダルより契約が大事だ! 日本水泳界の「英断」

印刷

   世界新記録を連発しているスピード社の新水着を日本の選手が試しに着てみたところ、記録が向上したという。じゃあ、それを着ればよさそうなものだが、それはできない。日本代表選手の水着は競技統括団体の日本水連が一括して3社と契約し、スピード社は含まれていないから。

明らかなハンディ

   「明らかなハンディ」(杉尾秀哉・TBS解説委員)に、日本の選手からも不満が続出していると、新聞記事をもとに番組はそう伝える。他メーカーなどがこの水着の使用に異議を申し立てたが、国際水泳連盟の結論では、とくに規約違反はなく「問題なし」。

   問題は水着そのものではなく、その水着が着られないことだ。目下、日本競泳陣は契約3社の頑張りに期待するしかない。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中