2018年 7月 23日 (月)

五輪メダルより契約が大事だ! 日本水泳界の「英断」

印刷

   世界新記録を連発しているスピード社の新水着を日本の選手が試しに着てみたところ、記録が向上したという。じゃあ、それを着ればよさそうなものだが、それはできない。日本代表選手の水着は競技統括団体の日本水連が一括して3社と契約し、スピード社は含まれていないから。

明らかなハンディ

   「明らかなハンディ」(杉尾秀哉・TBS解説委員)に、日本の選手からも不満が続出していると、新聞記事をもとに番組はそう伝える。他メーカーなどがこの水着の使用に異議を申し立てたが、国際水泳連盟の結論では、とくに規約違反はなく「問題なし」。

   問題は水着そのものではなく、その水着が着られないことだ。目下、日本競泳陣は契約3社の頑張りに期待するしかない。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中