EU委員長「ことば」の力 日本の政治家は勝てるか

印刷

   加盟27か国、人口5億人、域内総生産が世界の3割を占める巨大国家連合にまで発展したEU・ヨーロッパ連合。その拡大は、牽引するバローゾ委員長抜きには語れない。彼の来日を機に、国谷裕子キャスターが成長戦略と課題について切り込んだ。

   ユーロ高によって経済的影響力を発揮し、地球温暖化対策でも大幅な温室効果ガス削減案を打ち出すなど、世界をリードするEUは、「ヨーロッパで活動したければEUのルールに従え」といった強硬姿勢で企業に臨む。マイクロソフトでさえ、「EUのあらゆる決定に全面的に従う」と恭順の意を表するほど。

企業は戸惑っているのでは?

   国谷「市場主義に基づく考え方になれた企業はEUのやり方に戸惑っているのでは?」

   バローゾ「市場主義経済を守ることには賛成だが、そのことによって汚染された食品や危険なおもちゃで人々が傷つくことがあってはならない。以前とは異なる市場が確立されたヨーロッパには、域内の5億人に適用される共通のルールが必要だ」

   バローゾ委員長はさらに「それは世界規模の市場でも同じだ。市場主義は万能でない。消費者の権利をいかに尊重するかだ。つまり、消費者の安全が確保されなければならない。そのことは地球の環境を尊重することでもある。なぜなら、地球こそが我々が住む唯一の星だからだ」と続けた。

   自信に満ちており、饒舌だ。2005年、委員長は試練に立たされる。新しい基本条約を目指したが、フランス、オランダの反対で潰(つい)えそうになったのだ。バローゾは条約案から「憲法」という文言や、「国家」を連想させるような条文を削除、各国首脳を粘り強く説得して、昨2007年12月、ついにリスボン条約締結にこぎつけた。自信の背景だろう。

寛大な考え方が最後には成果を上げる

   国谷「21世紀、EUはどんな地位を占めるか」

   バローゾ「さらに成功をおさめると信じている。もちろん、さまざまな困難な問題も認識している。それを克服できるのは前向きな考え方だ。ときにシニカルな考え方が重要だという人もいるが、間違いだ。歴史を見ても、よい考え方、寛大な考え方が最後には成果を上げる」

   説得力のある言葉に「ウーン」と納得した様子の国谷は、「安全、安心、人間の尊厳、地球環境など、市場主義よりも重要な考え方があると語ったバローゾ委員長は、ヨーロッパ社会の理想、価値を維持する重要性を、繰り返し強調した」とまとめた。

   日本の政界にはいない、歴史に学ぶ、発言力を持つ魅力的な政治家のまぶしい勢いを見せつけられた30分で、羨ましい気がした。

アレマ

<メモ:ジョゼ・マヌエル・バローゾ>
   1956年リスボン生まれ。2002年4月、ポルトガル首相に就任。04年6月から欧州委員会委員長。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中