「この業界以外の女の子と出会いたいっすわ~」

印刷

   会議が終わった13時。腹が減っては戦はできん! さ、お待ちかねのランチ!ランチ!

   かき揚げうどんに鳥の照り焼き丼セットという、炭水化物礼賛!なランチをがっつきながら…

   「ねぇねぇ、プライベートで女の子とご飯に行ったりする機会って、どのぐらい?」

   思い切って、若手作家仲間の男子に訊いてみた。

   「え~、2週間に1回あればいいぐらいっすねぇ。」

   彼女なし26歳の男子の答え。

   「それって、合コンってこと?」

   「まぁまぁ、そんなとこっすね~!」

   おい、そうなの? そんなら私にも紹介してくれ~!! 姐さんも行きたい行きたい!

   年下でもかまわん! 仕事以外の男子と仕事の愚痴とか言わない飲み会がした~い!!

   しかもなんで同じ仕事してんのに、そんな時間を作れてるの?

   わたし、もう仕事でヘトヘトになって、気分的にもお家にGO~!って感じなのに。

   いや、まてよ。プライベートで私はどのぐらいの頻度で男子に会ってるかしら。。。

   あれ、あれれ? 数字が出てこない。2週間…1か月…3か月に1度…!?

   飲み会でもいい。自分から「誘って~!」と声をかけつつも、約束を守れないことが多々ある私。急に会議が入った、夜10時から会議がある、そもそも仕事を終えられない……数週間後の予定がたてられない。したがって、ドタキャンの可能性があるので合コン、飲み会企画を立てにくい。イコール、出会いゼロ。いやな方程式。

   この方程式の証明として、この業界、職場結婚が多い。担当している番組でも、スタッフ内で付き合っている、結婚している人が何人かいる。絶えず一緒に仕事をして上司にも一緒に怒られ、深夜業務中、ふと隣で頑張っている彼女を見れば、「意外と可愛い顔してんじゃん!」。あれよあれよと情が移って、いつのまにかゴールイン!

   私も一時このパターンを踏襲しつつありましたが、理由あって破局。だからこの流れには手を出したくない。

   すると、同じことを考えていたのか再び26歳男子がカレーうどんをすすりながら言った。

   「ほんと、この業界以外の女の子と出会いたいっすわ~。同業者はイヤですわ。ないない。」

   「そうだよね~。ないよね~。」

   若干顔ひきつらせながら、適当な相槌を打って、再び私はもくもくとかき揚げと格闘することにした。

踊るオサムン
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中