ガソリン狂想曲の賞味期限(今週のワイドショー通信簿<下>)

印刷

   2008年5月1日から「ガソリン税」が上がった。4月30日、与党が衆院で改正租税特別措置法を再可決したためだ。

   ワイドショー通信簿は、5月1日に一斉に取り上げた。「民主の議長『入場阻止』~」(とくダネ)、「ガソリン解散はなし~」(朝ズバ)、「~テリー『もっと怒っていい』」(スッキリ)、「自民谷垣VS民主菅~」(スーパーモーニング)だ。

   スッキリ通信簿は、テリー伊藤の「地方の活性化というけど、7割の人は怒っている。もっと怒っていいと思いますよ」との声を伝えた。一方、とくダネ通信簿は、5月中旬に予定される道路特定財源を維持する特例法の再議決問題に話を進めた。小倉智昭の「一般財源化しても、ドライバーが不平等だと騒ぐと思う」「どっちに転んでも自民党にはきつい」という趣旨の発言を紹介した。

   果たして次の解散・総選挙の際、今回の騒動は大きな争点となるのだろうか、それとも忘れ去られる運命にあるのだろうか。

(テレビウォッチ編集部)

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中