「船場吉兆の客はバカ」 あの人がきわどい批判

印刷

   船場吉兆のささやき女将こと湯木佐知子社長が昨日(5月7日)、料理の使い回し問題について会見した。今朝の朝ズバッ!によれば、社長は謝罪する一方で、報道への違和感も表明。料理のリユースは吉兆が「手つかず」と判断した場合に限り行われたのであって、それを「食べ残し」と言われるのは、ニュアンスが違うのだそうである。

申し訳ないけど…

   「手つかず」と「食べ残し」でどれだけの違いがあるのかはともかく、女将の心配もある程度は根拠のあるものだろう。「箸をつけた」ものを出したと誤解する人間が少なからずいる――なにしろ、この問題を伝える番組司会のみのもんたもその一人なのだ。会見を伝えるVTRに入る前、みのは言った。

   「前の客の――ハッキリ言うけど、食い散らかしたもの、箸をつけたものを次の客に出した。出された客もたまったものじゃない」

   VTRで女将の言い分を聞いた後でも、みのの『怒り』は収まらず、その対象は吉兆の客にまで及んでいた。

   「吉兆が再開したとき、たくさんのお客が駆けつけた。吉兆を愛する客はたくさんいるんだなと思ったけど――申し訳ないけど、そういうお客は使い回しを出されて満足してたバカな客だな、と思いましたよ」

   前後の文脈から判断すれば、客をバカにした吉兆を批判するレトリックなのだろうが、近頃のみのには珍しく、きわどいスリル感が味わえたコメントではあった。これには2人のコメンテイターも返す言葉がなかったのか、沈黙したまま、次の話題へと移った。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中