「行列」の北村センセイ その「可愛らしい心」とは

印刷

   「行列のできる法律相談所」の北村晴男弁護士が登場した。なんとカンボジアに学校を作る作戦が進行中なのだという。お仲間から国会議員と知事を出している「相談所」だが、北村「先生」だけは、真面目なんだ。

加藤:こんな可愛らしい心を……

   話はこうだ。司会の島田紳助とゲストとのやりとりで、アジアに学校を作ろうということになった。特に状況が悪いカンボジアはどうだ、というので、北村弁護士が視察。建設地を決め、費用は500万円と出た。これを、芸能人や知名人が描いた絵をオークションで売って賄おうというプロジェクトだ。

   名前が凄い。萩本欽一、石田純一、久本雅美、沢村一樹、石原良純、加山雄三、石坂浩二、藤子不二雄A、池田理代子、蛭子能収、やくみつる、川崎のぼる、楳図かずお……。

   で、すでにオークションは行われたのだが、スタジオにそのいくつかが持ち込まれた。まず「北斗の拳」の原哲夫、小島よしお。そして1枚のサクラの絵に、「花咲けど 散ること知らず 愛らしき」の文字。「どなたのモノか分かりますか?」

   描いたのは美空ひばり。息子の加藤和也が、主旨に賛同して寄贈した。晩年の闘病生活のなかで描いたものだとか。オークションではこれが、最高の480万円の値をつけて、紳助が「こんなに売れるんやったら、毎日やったろか」と笑わせた。

   加藤浩次も、「これで半分以上は賄えた?」。教師の人件費もいれて700万円だそうだ。

   で、スタジオにもう1枚あったのが、北村弁護士の絵。

   加藤が「エー、こんな可愛らしい心を持ってるんですね」(どういう意味だ)

   カンボジアにいったときの印象なのだそうだが、「女性っぽいタッチで」(加藤)

   北村も「暖かいですね、ハートが。治安もいいし、勉強したいという意欲がすごく強い」

   で、加藤が「これはおいくらで?」

   「いや、それはいえません」と北村。ただ、「目標は7万円で自分で落とそうと思っていた。100人だとそれがノルマだから。でも、その必要はなかった」。それ以上で、どなたかが買ってくれたのだと。

   この経緯は、11日(日)21時からの「行列のできる法律相談所」プレゼンツ「100枚の絵でカンボジアに学校建設を」で見られる、と、これが北村弁護士ご出演の理由であった。90分スペシャルだそうだ。

   北村「先生」、いつもながらに生真面目だった。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中