自衛官がこの時期に国会前で自殺未遂 「武士の情け…」

印刷

   他人を巻き添えにする硫化水素自殺にはドキッとさせられるが、人騒がせなこんな自殺未遂も困ったものだ。

一瞬大事件かと思ったが…

   「昨日(5月8日)夜飛び込んできた驚きのニュースからです」と赤江キャスターの第一声で始まった今朝のトップニュースは、国会議事堂の正面玄関で腹を刺して自殺を図った男の事件。

   男は、陸上自衛隊朝霞駐屯地にある自衛隊体育学校所属の陸士長(20)。駆け付けた警察官に建造物侵入容疑の現行犯で逮捕されたが、軽傷という。

   この陸士長は国会議事堂北門から50メートルほど離れた鉄製の柵(高さ2.4メートル)を乗り越え議事堂正面玄関前の階段踊り場で、玄関に背を向けて正座し、短刀で腹を刺した。

   止めようとした警察官に「武士の情け」とか言っていたらしい。家族あての遺書を持っており、政治的、思想的な内容ではなかったという。

   週刊朝日編集長の山口一臣は「現職の自衛官が制服着て割腹自殺というので、一瞬大事件と思ったが、単なるお騒がせですか…」としらけた表情でコメントを。

   自殺者が相次いでいるが、真似をして国会議事堂が「自殺の名所」になるのだけは御免蒙りたい。

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中