透明マント「理論的に可能」 あなたの使い道は?

印刷

   7時台の新聞記事紹介コーナーも順調に消化すると見えたとき、司会のみのもんたはカメラにむかって言った。「もうひとつ、もうひとつ。時間をください」

ポストに入れておく

   聞いてみれば、みのがこの記事の紹介にこだわったのも無理はない。むしろ、危うく時間切れになるほど優先順位が低かったのが不思議だ。「もしかすると透明マントができるかもしれない」という「うれしいニュース!」なのである。

   番組伝える東京新聞記事によれば、映画「ハリー・ポッター」に出てくるような「完全な透明マント」を実際につくれるということを富山県立大などの研究者グループが世界で初めて理論的に証明したそうである。見出しは「理論的課題 消える」。

   この理論の仕組みや、いつ実現するのかはよくわからなかったが、とりあえず朝ズバッ!は科学検証番組ではない。そして、みのの関心は「もし透明マントがあったらどう使うか」である。定番のお題だが、あまり高尚な使い道が思いつかれないのも常である。

   ちなみに、みのの使い方は「ポストに入れておく」。帰宅したとき、それをまとってこっそり家の中へ入りたいそうだ。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中