2018年 7月 22日 (日)

高級料亭の客は「操り人形」か(今週のワイドショー通信簿<上>)

印刷

   高級料亭「船場吉兆」(大阪市)の本支店で、客が残した刺身などを使い回していたことが批判を浴びた。2008年5月7日、湯木佐知子社長が認めて会見し、謝罪した。湯木社長は07年12月、牛肉偽装表示の謝罪会見で、説明中の長男のワキから小声で手取り足取り対応を指示した様子が「操り人形使いのようだ」などと話題を集めていた。

   5月8日の通信簿記事は、「~『手つかず料理と食べ残しは違う』」(スッキリ)、「『船場吉兆の客はバカ』~」(朝ズバ)、「~『食い倒れ文化』の実力」(スーパーモーニング)で取り上げた。

   朝ズバ通信簿は、みのもんたが「申し訳ないけど、そういうお客は使い回しを出されて満足してたバカな客だな、と思いましたよ」と批判した声を紹介した。また、船場吉兆側が、使い回していたのは「手つかず」で残されたもので、「食べ残し」とはニュアンスが違う、と説明していることも伝えた。船場吉兆の客たちは、こうした「ニュアンスの違い」を「理解」し、湯木社長の弁解を受け入れるのだろうか。

(テレビウォッチ編集部)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中