福田政権は「パンダ内閣」か(コメントの窓)

印刷

   今回取り上げるのは、スーパーモーニング通信簿「『パンダ下さい』 誰が望んだのか」(2008年5月7日)に寄せられた「コメント3」だ。

   2008年5月6日、日中首脳の非公式夕食会でつがいのパンダの日本への貸与が発表された。スパモニ通信簿は、日中間では、「毒入り」ギョーザ問題や東シナ海のガス田問題などの懸案事項がある中、「パンダの貸与」について歓迎しないコメンテーターたちの見方を伝えた。

   「コメント3」は「将来、この(福田)内閣は『パンダ内閣』って日本の歴史に笑い話として残るんだろうなー」と指摘した。

   福田内閣に対しては07年秋の発足後、朝ズバ通信簿「福田新内閣は『尻ぬぐい内閣』? あなたのネーミングは?」(9月26日)でいくつかの「命名」が紹介されていた。「幕の内弁当内閣」(田原総一郎)、「重量ディフェンス内閣」(岸井成格)などだ。

   07年の朝ズバ通信簿へのコメント欄には「2 匿名」の「キングギドラ内閣 雁首揃えすぎて、どれが本当の頭首(党首)か結局はよくわからない」、「9 匿名」の「尻ヌクい内閣   年齢層高く腰が重そう。議場の椅子を温めて」といった声が寄せられていた。

   「パンダ内閣」は、福田内閣ネーミング戦線で勝ち残ることができるだろうか。

(テレビウォッチ編集部)

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中