小林麻耶アナ、恥らいながら「キターッ」と絶叫

印刷

   TBSの小林麻耶アナ(28)が、恥ずかしそうにしながら「キターッ」と叫んだ。

   「チャンネル☆ロック!」の一幕だ。お笑い番組の紹介で、織田裕二のモノマネで知られる山本高広が鼻にかかった声で「キターッ」と右手を高く掲げる映像が流れた。その直後、小林アナは「山本高広さんがゴールドラッシュに」と右コブシを目の高さまで上げ、目をつぶり、一瞬ためらった後、「キターッ」と大声を出しながら、目を開け右コブシを上ではなく右側へ伸ばした。

   スタジオでは笑い声と拍手が起こった。小林アナは恥ずかしそうに「私、モノマネ苦手なんですよねー」とつぶやいていた。

   ちなみに小林アナの「キターッ」は普段の声で、「鼻にかかった」声ではなかった。「キターッ」の直前のためらいは、鼻にかかった声を披露しようかどうか、ギリギリまで悩んでいたのかもしれない。

   放送は、2008年5月10日にあった。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中