四川大地震前にカエル大量発生 とばっちり受けたのは…

印刷

   中国・四川省の大地震をカエルが予知していた!? 番組によれば、東京新聞が住民に聞いた話を基にした中国の地元紙の報道を基に伝えるところでは、震源地から約50キロ離れた場所で、地震の1週間前ある異変が起きていたそうだ。

なまずにこだわってるけど

   なんと大量のカエルが発生したのだ。その数、数十万匹。道路を黒い塊になって埋めつくす勢いだったそうだ。ただ、「1週間前」と「50km」という時点で、地震との関連性が微妙な感じもしてくるが、そういう考証はみのもんたとは無縁である。

   「カエルは何か感じたんだよ。地震の前に出る――電磁波って言うの? なんか感じたんだよ」と繰り返し、最後は緊急提言で締めた。「日本じゃナマズにこだわってるけど、そろそろカエルに代えたほうがいいんじゃない」

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中