民主小沢と公明太田の選挙対決 見てみたい?

印刷

   民主党、小沢一郎代表が次の総選挙で『国替え』をするのでは、という話を、笠井信輔アナが紹介した。笠井アナは、「ちょっと信じられない…」と首をかしげるが、石井一・民主党副代表は、「肯定も否定もしない」とニンマリ。もったいぶって楽しんでいるといった態度。

ダラシナイということになる

   噂になっている国替え先は、東京12区(北区など)。前回総選挙で公明党の太田昭宏代表が当選したところだ。事実とすれば、野党代表自らが刺客となって与党の一翼を担う党首を倒そうということになる。

   マイクを向けられた太田代表は、「決まっているわけでもないし、別に問題じゃないでしょ」と、気にしていない口ぶりだが、内心おだやかでない筈だ。諸星裕は、「問題ないわけない。困るよとか、怖いとでもいってくれれば、可愛げがあるのに」と結構、きつい。

   代表対決も予想される選挙区にレポーターが訪れてみると、太田代表の、さまざまな格好のポスターが至る場所に張ってある。お医者さん姿、パン屋さん、大工さん、お祭りの姿など、7種類。「党首がここまでやるかという異例のコスプレ七変化で最強の刺客に備えているかのよう」(笠井)。

   民主党側も、前回の総選挙では東京25選挙区中、菅直人代表代行の1議席しか取れていない。巻き返しが課題で、必死なのである。「東京で負けるのは、民主党が政権交代したとしてもダラシナイということになる」(小倉智昭)。

   ぜひ、党首同士のガチンコ対決を見てみたい。

文   アレマ | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

J-CAST Blog 略して「Jブロ」
J-CASTがオススメするブログを紹介!
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中