年490万円タクシー使う役人 首相は「野放し」支持?

印刷

   「パフォーマンスはわたしの流儀ではない」。福田首相の他人事評論家発言が槍玉になった。

これは納得できないでしょうね

   民主党議員7人が昨日(5月15日)、道路特定財源の無駄遣いをチェックすると称し、関東地方整備局を訪れた。同局はひとりの職員が1年間で490万円タクシーを使うなど、やたらにタクシー好き。あまりに額が多いので、本当はもっとやましいことに使ってるのではという疑いもある。

   そこで、まずタクシーの領収書、明細を出せよとテレビカメラの前で迫る民主議員。しかし、局側は拒み、カメラの前での押し問答になった。

   これを評したのが冒頭の福田発言。「まったく間違ってる」とは前宮城県知事の浅野史郎。「福田総理自身がもっと危機感を持ち、機先を制して(問題の追及を)やりなさいと言うべきだった。これを『パフォーマンス』と言うのは本質的なところで問題だと思います」

   「国民感情がわかってらっしゃらないのかな、という感じ」(吉川美代子・TBS解説委員)。みのもんたも「これは納得できないでしょうね」。

   社会に対する個人的な意見表明ばかりが目につく内閣総理大臣ではある。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中