2018年 7月 19日 (木)

サザンの休止「6年超」説

印刷

   昨日(5月19日)のオープニングトークで小倉智昭が簡単にふれたサザンオールスターズの無期限活動休止発表について、改めてスタジオ陣がコメント。

期待したい

   佐々木恭子「全部の曲を歌えるし、全部、思い出がある。本当にさみしい」(実感がこもっていた)

   竹田圭吾「こんなにファンとまじめに向き合ってきたバンドはないので、与えてもらったものを考えると、ある程度休んでもらうのはしようがないかなと思う。年とってからどんな音楽を出すのか気長に待ちたい」(いつもながら冷静)

   前田忠明「桑田さんがいちばん誇りに思っているのはサザンだ。30年を機にけじめをつけたのは桑田さんの誠意ですよ。誠意を大事に受け止めて行きましょうよ。必ず帰ってきますから」(そんなに大きな声で話さなくても、というくらい、なぜか高揚していた)

   小倉「桑田佳祐は1人でやっても、ほかの誰と組んでもいい曲をつくってくれる。新生桑田に期待したい」(もはやサザンとしての活動はないと受け止めているようだ)

   大村正樹レポーターによると、サザンがこれまで活動を休んだ期間の合計は6年8か月だそうだ。「無期限となると、それ以上休むのでは、と予想される」(大村)

   「いったんこのバンド名をファンにお預けしたい。そして、必ず受け取りに戻ってきたい」と、桑田は思わせぶりなことも言っている。果たして、サザンの復活はあるのかどうか。所属プロダクションの株価を急落させたその活動休止発表。ことしの音楽界最大の話題であることは確かだろう。

文   アレマ | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中