JALの鶴「絶滅」 寂しがる人

印刷

   JALのシンボルマークとして48年間、機体の尾翼などに描かれてきた鶴のマーク「鶴丸」が今月いっぱいで姿を消すという。2002年のJASとの統合時に新デザインを決めて以来、次第に移行を進めていたそうで残りは数羽。

安心するんだけどねえ

   (日本通運の)ペリカンに続いて鶴も絶滅するという生態系の崩壊現象に「ホントに?」「なんで?」と動物好きの司会者みのもんたも驚きを隠せない。

   「なんか、寂しいような気もする」と嘆息するみの。「鶴のマークって安心するんだけどねえ」と言うと、「そういう方が多いんですよ」と竹内香苗アナがフォローに入る。「海外でそのマークを見るとホッとするという方は多かったと…」

   しかし、考えてみると、みのが安心できるようなデザインだったことが「鶴丸」絶滅の原因だったのかもしれない。JAL尾翼の新デザインは自称「太陽のアーク」――と聞こえはいいが、赤く塗っただけで、のっぺりと無機質。「鶴丸」とはまことに対照的である。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中