「覗くととっても面白い」 田中真紀子家の問題

印刷

   東京・目白の駅のすぐ近く、一見して際だつ大きな屋敷「目白御殿」。その一室を覗かれてはたまらない――!? 田中角栄元首相の死去後、田中家は相続税として「御殿」の敷地の一部を物納したが、文京区がそこに公園をつくろうと画策。

覗かせて頂きます

   田中真紀子・元外相らは、プライバシーの問題に加え、公園造成のために古い木々がたくさん切られるのは環境破壊だとして建築差し止めの訴訟を起こすに至ったのだ。

   そこで、この番組は「田中眞紀子議員 VS 文京区」として『おもしろおかしく』取り上げた。司会のみのもんたからして、その姿勢があからさまである。VTR前のフリで、この数日、口の滑りが好調なみのは言う。

   「ハッキリ言って、(田中と文京区が)もめてるらしいんですよ。まあ、人様のもめ事でございますので、覗くととっても面白い――ということで覗かせて頂きます」。そう言い終えると、軽く会釈してみせておどけた。

   今後もワイドショーにて両者の対決が「覗ける」機会は多そうだ。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中