TBSアナの悲劇 琴欧洲のせい

印刷

   TBSのアナウンサー陣がコスプレで大相撲の結果を伝えるコーナーに、伝説の男がバック! 言うまでもなく「悦王」こと新夕悦男アナである。

いやいや、やっぱり…

   夏場所初日に登場した際は、オペラ座の怪人風の仮面をかぶり、無理矢理なセリフと独り芝居で視聴者を恐怖に陥れたが、それ以来、まるでファントムのように姿を消していた。

   その悦王が今朝ついに現れたのだ。口を開くや、「ちょんまげ頭を叩いてみれば、イケメンブームの音がする」とまたも謎めいた言葉を残す。懸命な解読作業の結果、これは「文明開化」にカケようとしたものと判明。カケそこなって転んだ上に、シャンデリアが落ちてきて頭を直撃されたようだ。

   その後、「(イケメンの)琴欧洲にほれたぜ」と告白した悦王は、締めくくりに「イケメン好きのミヨちゃんにとっては、たまらないだろ!?」とこの日のコメンテイター、吉川美代子・TBS解説委員に呼びかけた。

   だが、吉川は困惑気味に苦笑するばかり。司会のみのもんたも「いやいや、やっぱり琴欧洲なあ」と悦王に触れずじまいなんであった。

   悦王の活躍については、テレビウォッチの朝ズバ通信簿「コスプレ・アナの見所は」 (08年5月12日)などで紹介している。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中