2018年 7月 19日 (木)

「廃業」船場吉兆 一番まずかったもの

印刷

   あの「船場吉兆」がとうとう廃業になるという読売新聞の報道に、テリー伊藤が勢い込んだ。

頭真っ白とかね

   「船場吉兆といえば、接待じゃないですか、ぼくらも『すごいな。一度いってみたいな』と思っていたところですけど、あの事件以来、ギャグになっちゃった」

   たしかにギャグの連発だった。

昨2007年10月菓子類の賞味期限・消費期限の改ざんが明るみに
11月牛肉産地偽装発覚 営業休止
12月ささやき会見 これには日本中が笑った
今年1月湯木佐知子 新社長就任 民事再生法の適用を申請
5月料理使い回しが発覚

   さらに 「あの注目の会見。(映像も流しながら)ここで、(湯木佐知子氏が)マイクの性能も判らずにささやき会見をやって、これで決定的になった。ここで真摯に会見していれば、こんなことにはならなかったんですよ。これが間違い」。

   江田けんじも、「あれで本性がわかっちゃった上に、本人が社長になったでしょ」。

   テリーは、「それでも船場吉兆を応援しようというお客さん、沢山いたんですよ」。

   「いました」と加藤浩次。

   「にもかかわらず、5月に再び料理の使い回しが発覚したんです。エーッ、おれたち応援してたのに、こんなことしたのか、ということで記者会見ですよ」

   と湯木社長の発言をフリップで出して、「わたしが客なら許せない」「手つかずの料理と食べ残しではニュアンスが違う」

   「こんなばかなこといっちゃった」とテリー。「あのとき、(会見に同席した)息子がしっかり記者会見していれば、なんてことはなかった」。

   「息子が、従業員のせいにするんじゃなくて、私が悪うござんしたとやってればよかった。あのころ北海道とかいろいろ偽装があったから、そのひとつですんだのに、従業員のせいにした」

   「頭真っ白とかね」と加藤。

   「板前さんとか、これから心配ですね」

   結局、その程度の人たちだったということ。

   昨年の会見の模様は、テレビウォッチの「ママ~、どう言えばいいの? 船場吉兆会見まるで腹話術」(2007年12月11日)などで紹介している。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中